富士山世界遺産登録

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は、2013年6月26日、カンボジアの首都プノンペンで開催した世界遺産委員会で、日本政府が推薦した「富士山」(山梨、静岡両県)を世界文化遺産に登録しました。 精進湖 忍の八海
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

達磨の思い出(9)

   親不知・子不知海岸の石達磨(新潟県):山越えするとき、余りの岸壁の恐ろしさに、親は子を子は親を忘れて歩くと大昔、言われた親不知・子不知の海岸です。 この海岸で石を拾い、持ち帰るいる海岸石拾いが有名になっています。その海岸で購入しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達磨の思い出(8)

   髭(ひげ)達磨(福島県二本松市):;六日森正太郎作 二本松市は、東日本一を言われる大菊人形展が、毎年盛大に開催されている。>(東日本大震災ー福島原発事故の影響が心配です。) 栗駒山人の里達磨(秋田県)東成良徳作:国定公園・栗駒山は、標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達磨の思い出(7)

   加賀八幡起き上がり達磨(金沢県):子供の育成と多幸を祈り、金沢では、誕生日、婚礼の前途を祝い贈られるそうです。>(中島めんや:文久2年創業の老舗で購入する。) 欅達磨(宮城県仙台市):杜の都・仙台のシンボル青葉通りと定禅寺通りの欅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達磨の思い出(6)

   高岡鋳物達磨(富山県):高岡鋳物発祥の地 関ヶ原の戦いにおいて、戦功を挙げた加賀藩主・前田利長は、加賀・越中・能登三ケ国、120万石の大名として、1609年高岡城を拠点とします。 利長に招かれた7人の鋳物師が、金屋町に移り住み、農具・鍋・釜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達磨の思い出(5)

   牧野大内塗り達磨(山口県伊勢大路):大内塗(漆塗り)は、室町時代に始まる。当時、大内氏家は、 中国朝鮮における交易品の一つとして、扱われていたそうです 大内家の家紋である大内菱を純金箔一枚一枚置き、大内笹・萱(かや)・萩の葉・大内菊を大内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達磨の思い出(4)

繁盛達磨(岐阜県) 木作り升(マス)の生産は、岐阜県が日本一とのことです。益々(升升)家内安全・商売繁盛等の福達磨として、全国的に売られています。 那智黒石達磨(三重県):那智黒石の採掘は、三重県熊野市神川町の新生代・第3紀新生の比較的新しい時代の岩石です。 この岩石の用途は、1位:碁石、2位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達磨の思い出(3)

姫だるま(松山市) 神功天皇が、応神天皇を身ごもったときに生まれてくる子の姿を想定し作られたと伝えられている。福を呼ぶ縁起ものや円満な家庭のシンボルとして、出産や病気全快のお祝いとして贈られるそうです   現在では、誕生日に一対の姫だるまを貰うと、2年以内に結婚できるという噂があるそうです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達磨の思い出(2)

                                                   琴平一刀彫(2)               琴平一刀彫(3)        佐渡島夫婦達磨 ノミの夫婦です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達磨の思い出

       私が収集した達磨を通じて、思い出を省みる。 昭和30年 某施設へ、就職(採用)したとき、Y施設長(美大卒)から、記念として達磨(面壁九年)の絵をいただく。 苦労は多いと思う。向う傷を恐れず、自分自身を磨き、鍛えることが大切、常にプラス思考で、行動すること。 そのとき、継続は力 力…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more